【2018年】おすすめのクリスマスソングまとめ【洋楽】

12月に入る頃から街中にあふれるクリスマスソング。
クリスマスソングというと、どんな曲を思い出しますか?
楽しい曲、甘い恋の歌、ちょっと切ない曲…。一口にクリスマスソングといっても、定番のナンバーから最新ヒット曲までいろいろありますね。
そこで今回はネットで見つけたクリスマスにぜひ聞きたいおすすめの曲を邦楽・洋楽取り混ぜて、ご紹介します。ぜひご覧くださいね。
ネットで見つけたおすすめのクリスマスソングをまとめています
情報などは記事投稿時点の物です
情報が間違ってる場合や著作権に問題がある場合はコメント欄でお知らせ下さい
確認次第追加修正変更削除します
最新の情報はリンク先やコメント欄をご確認ください

\ CHECK /
大手ショッピングモールの気になるランキングは?

amazonランキング
楽天ランキング

※ランキングがない場合は商品一覧にジャンプ

12月に入る頃から街中にあふれるクリスマスソング。 クリスマスソングというと、どんな曲を思い出しますか? 楽しい曲、甘い恋の歌、ちょっと切ない曲…。一口にクリスマスソングといっても、定番のナンバーから最新ヒット曲までいろいろありますね。 そこで今回はネットで見つけたクリスマスにぜひ聞きたいおすすめの曲を邦楽・洋楽取り混ぜて、ご紹介します。ぜひご覧くださいね。

洋楽

Mariah Carey/All I Want For Christmas Is You

“All I Want for Christmas Is You”は、1994年11月1日にリリース、Mariah Carey のクリスマスアルバム”Merry Christmas”のリードシングルとしてリリースされました。『クリスマスプレゼントなんかいらない、欲しいのはあなただけ』というストレートなラブソングですね。クリスマスも近づいてきました。この曲が流れてくると、今年もそろそろ終わりに近いなと、なんだか少し寂しい気持ちになりますね。


Wham!/Last Christmas

Wham!(ワム)の「Last Christmas(ラストクリスマス)」。みなさんもどこかできっと聞いたことのある曲だと思います。とてもいい曲ですよね。”Last Christmas”は、去年のクリスマスの失恋をうたった歌なんですよね。実に切ない歌となっていますが、日本の街中では毎年必ず流れる日本国民公認クリスマスソングのひとつです。


Idina Menzel/Let It Go

ウォルト・ディズニーが創立90周年を記念して2013年に制作した映画 『Frozen』。日本でも邦題 『アナと雪の女王』 として2014年一般公開。3Dコンピュータアニメーション・ミュージカル・ファンタジー映画というのもあり大ヒットを収めています。そしてこの 「Let It Go」 は劇中、主人公で姉のエルサが自分の秘めた思いを込め歌う曲。英語版ではエルサの声優を努めた女優の Idina Menzel(イディナ・メンゼル)が、日本語版では松たか子さんがその心情をダイナミックに歌い上げています。


John Lennon/Happy Xmas

もはやクリスマスの定番となっている「Happy Christmas (War Is Over)(邦題:ハッピー・クリスマス (戦争は終った))」。これはジョン・レノンがザ・ビートルズを離れて出した7枚目のシングルで、作曲にはアコースティック・ギターが使われていた。1971年10月にデモ録音され、アメリカではその年のクリスマス向けシングルになったが、その段階ではイギリスで発売されなかった。その原因は、ジョン・レノンがザ・ビートルズの音楽出版社ノーザン・ソングズと衝突したことにあった。それが響いた結果、イギリスでの発売は1年も先になってしまったのだ。


Earth, Wind & Fire/December

Earth, Wind & Fireの名曲です!! 皆さんも聞いたことがある曲だと思います!! クリスマスにこの曲を聞くと、テンションが上がりますよね♪ 定番のクリスマスソングですので、ぜひお聞きください(#^.^#)


Justin Bieber/Santa Claus Is Coming To Town

『Santa Claus is Coming to Town(サンタが町にやって来る)』は、1934年11月にエディーカーターのラジオ放送(Eddie Cantor’s radio show )で初めて放送されたクリスマスソング。放送以来、楽譜は数十万部の大ヒットとなり、今日までに、ビーチボーイズ、マライアキャリー、トニーベネット、ブルーススプリングスティーン、レイチャールズ、ビングクロスビー、フランクシナトラ、エラフィッツジェラルドなど数多くの有名なアーティストによってカバーされている。


Celtic Woman/We Wish You A Merry Christmas

『We Wish You A Merry Christmas/クリスマスおめでとう』はイギリスの伝統的なクリスマスキャロルの一つ。2番以降の歌詞ではクリスマスプディング(いちじくプディング)が食べたくて食べたくてしょうがない子供達の姿がコミカルに描かれている。


Pentatonix/Winter Wonderland/Don’t Worry Be Happy

『ウィンターワンダーランド(Winter Wonderland)』は、1934年にリリースされたアメリカのポップス。作詞はRichard B. Smith、作曲はFelix Bernard。ビング・クロスビー、ペリー・コモ、ジョニー・マーティス、カーペンダーズ、シンディーローパー等様々なアーティストにカバーされている。「Don’t Worry Be Happy」は1988年、アメリカのジャズ歌手。Bobby McFerrin (ボビー・マクファーリン)の世界的大ヒットとなった代表作。クリスマスソングではありませんが、とても素敵な歌詞です。こちらはボーカル・コーラス・リズムなどすべてご自分の声だけで多重録音したアカペラ曲!とてもいい曲なので、ぜひ聴いてみてください。


Sam Smith/Have Yourself A Merry Little Christmas

オリジナルはジュディー・ガーランド。映画「若草の頃」のサントラで今も歌い継がれる名曲です。いろんな歌手がカバーしていて、アレンジもまた様々。本当に素敵な曲よね(*´ω`*) 今日はサム・スミス君の甘いカバーで。


The Jackson 5 / I saw Mommy kissing Santa Claus

「ママがサンタにキスをした|I Saw Mommy Kissing Santa Claus」は、誰もが一度は聴いたことのあるクリスマスソングの定番のひとつで、クリスマスシーズンになると、街中でよく流れています。クリスマスイブの夜に、子供は、ママがサンタクロースにキスをしているのを目撃してしまいます。


Victoria Justice / It’s not Christmas without you

“It’s Not Christmas Without You”は、クリスマスの日に好きな人に会えるのを楽しみに待っている女の子(まあ男の子でもいいのだけれど)の想いを綴った歌です。アメリカの人気ドラマ「ビクトリアス」で火のついた新世代のクリスマスソングで、同ドラマに出演しているアリアナ グランデも一緒に歌っています。


Bing Crosby / White Christmas

アメリカを代表するポピュラー歌手ビング・クロスビーが1949年に発表し、以来毎年クリスマス・アルバムの定番として、世界中から愛されてきた作品。タイトル曲の「ホワイト・クリスマス」は、現在までに5000万枚のシングル盤セールスがあり、世界のレコード史上最大の記録とされています。また、『ギネス・ワールド・レコーズ』によると、クロスビー以外のすべてのカヴァー・ヴァージョンを含めると、この歌の総売り上げは1億枚と言われています。


Bobby Helms / jingle bell rock

誰でも一度は聞いたことがあるイカしたクリスマスソングです。ちょっと聞いただけで、「ああこれか!」となるだろうと思います。アメリカのドラマ、Gleeのシーズン3で歌われていました。こちらの楽曲はタイトルの通り、かなりロックな感じでクリスマスを盛り上げてくれます。パーティなどの雰囲気を盛り上げたいときにおすすめの一曲です。また、多くのアーティストにカバーされているので、いろいろと聴き比べて楽しむのも良いかもしれませんね!


Kelly Clarkson / Underneath the Tree

ケリー・クラークソン (Kelly Clarkson) は、1982年4月24日生まれ。 アメリカ、テキサス州・フォートワース出身。アメリカの人気オーディション番組 「アメリカン・アイドル」 の第1シーズンに出場し、親しみやすい容姿にやわらかな歌声で瞬く間に人気を集め、優勝。 現在まで、アメリカのみならず世界中で活躍するポップロック・シンガー。今日の曲は、2013年10月25日リリース (国内盤は11月20日) の彼女の初のクリスマス・アルバム、「Wrapped in Red (ラップト・イン・レッド) 」 からの曲で、「アンダーニース・ザ・ツリー (Underneath The Tree) 」 という曲。


Nat King Cole / The Christmas Song

“Chestnuts Roasting On An Open Fire…”と歌われるThe Christmas Song(ザ・クリスマス・ソング)は、1946年の”Born To Be Blue”など数えきれないほど(250以上)の曲を書いた天才ジャズシンガーのMel Torme(メル・トーメ)とピアニストのRobert Wells(Bob Wells/ボブ・ウェルズはスウェーデンのピアニストとは別人)のコンビが1946年に作った曲ですが、なんと”クリスマス・ソング”は暑い夏のある日に涼をとるため寒い冬の曲を作ったのだとか。


Paul McCartney & Wings / Wonderful Christmas Time

Wingsの名前が付いていますが、実際はPaulが一人で全部のパートを録音したソロシングルです。シンセサウンドを取り入れたエレクトロな1曲となっています。MVが楽しそう!Paul McCartnyの歌声が心に染み渡りますね


Coldplay / Christmas Lights

コールドプレイの奏でるクリスマスソングですが、しっとりとした切ないラブバラードとなっております。ワイワイするような明るいクリスマスソングではなく、静かなクリスマスソングを聴いて、一人部屋の中で落ち着いた気分に浸りたい人におすすめの曲です。クリスマスソングと言ってもいろいろですからね。


The Carpenters / Merry Christmas, Darling

リチャードの絶妙なアレンジ、カレンの深く美しい歌声が堪能できる、カーペンターズ初のクリスマス・アルバム。1970年にシングルとして発表したオリジナル曲「メリー・クリスマス・ダーリン」のリミックス・ヴァージョンも収録。(1978年発表)。カーペンターズによるクリスマス・ソングです。クリスマスに遠くに離れている大切な人を思う切ない気持ちが、カレン・カーペンターの伸びやかな声で歌われています。


Taylor Swift / Christmas Must Be Something More

「Christmas Must Be Something More」(クリスマス・マスト・ビー・サムシング・モア)は、2007年10月14日リリースのコンパクト盤「The Taylor Swift Holiday Collection」(ザ・ホリデイ・コレクション)の5曲目に収録されています。 楽曲制作は「Taylor Swift」。 テイラー・スイフト「クリスマス・マスト・ビー・サムシング・モア」。Taylor Swift – Christmas Must Be Something More。アルバム『Sounds of the Season: The Taylor Swift Holiday Collection』


U2 / Christmas ( Baby Pleace Come Home )

A Very Special Christmasというクリスマスのコンピレーションアルバムに収録されています。ちなみにこのアルバムはU2だけでなくRun DMCなど多数のアーティストのクリスマスソングのカバーなどを収録しています。友達同士でワイワイすごすクリスマスにはこの曲をセレクト♪どうかな?友達とワイワイクリスマスパーティ・・・。皆さんならどんな曲を選ぶ?


Kiss Me Babe, It’s Christmas Time / Owl City

テンションが上がるクリスマスソングを紹介します!! Owlの優しい歌声と心地よいメロディーがとてもマッチしていますね♪ お勧めのクリスマスソングですので、ぜひお聞きください(#^.^#)。 ドリーミーでポップなエレクトロニックミュージックを武器に、世界中で1000万枚以上のセールスを達成しているOwl City(アウル・シティー)のクリスマスソング。”Kiss Me Babe, It’s Christmas Time”という甘いフレーズが繰り返される、きゅんとする歌詞にも注目♪


Santa Tell Me / Ariana Grande

好きな人が本当に自分のことを想ってくれているのかわからくて不安になることは誰にでも経験のあることだと思いますが、このクリスマスソングはその気持ちをサンタさんに相談するというファンタジックで可愛いらしい歌詞の内容となっております。”Santa Tell Me”で「サンタさん、教えて」って感じですね。女の子っぽい可愛い気分に浸りたいときにおすすめの一曲です。


My Only Wish (This Year) / Britney Spears

世界のスーパースター、Britney Spears(ブリトニー・スピアーズ)。My Only Wish(This Year)は、彼女が2000年に発表した唯一のクリスマスソング。My Only Wish This Year/Britney Spears。いつものセクシーなbritneyとは違い可愛らしさを全面に出した曲になっています。彼女の甘い声を合っていて本当に素敵なクリスマスソング!


Feels Like Christmas / Cyndi Lauper

Feels like christmasは、クリスマスアルバムにも入っている名曲。アコーディオンと笛の音がなんともメルヘン。 楽しい曲なのに、どこか懐かしいような寂しいような。オーソドックスなクリスマスソングにある気質と同じものを感じます。


Thank God It’s Christmas / Queen

「サンク・ゴッド・イッツ・クリスマス (Thank God It’s Christmas) 」は、イギリスのロックバンド、クイーンの1984年にリリースされたクリスマス・シングル。ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーが作詞・作曲。イギリスで、1984年と翌年の1985年にかけて、クリスマスをはさんで6週間チャートにはいり、最高位21位を獲得。地味ながらも隠れた名曲でフレディ・マーキュリーが生前に吹き込んだ唯一のクリスマス・ソング。辛い1年だったけど今夜はクリスマス。神に感謝しようという歌。


邦楽

12月に入る頃から街中にあふれるクリスマスソング。 クリスマスソングというと、どんな曲を思い出しますか? 楽しい曲、甘い恋の歌、ちょっと切ない曲…。一口にクリスマスソングといっても、定番のナンバーから最新ヒット曲までいろいろありますね。 そこで今回はネットで見つけたクリスマスにぜひ聞きたいおすすめの曲を邦楽・洋楽取り混ぜて、ご紹介します。ぜひご覧くださいね。
スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー